住宅ローンを組む時に選択しなければならないのは、
変動金利にするか固定金利にするかということです。

住宅ローンの金利のタイプは、
どちらが優れているかではなく、
一長一短がありますので、
長所や短所を把握した上で、
自分で選択することが重要です。

まず固定金利とは、
将来の金利を住宅ローンを借り入れた時点で
一定に決めてしまうというものです。
固定金利の方が得をするのは、
先の金利が上昇傾向にある場合でしょう。
最初のうちの短期間の固定金利である、
2年間の固定金利制などが今までは多かったようです。
35年間の固定金利など、
住宅ローンを長期間の固定金利で利用できる金融商品も、
最近では見られるようになりました。
返済するときの将来の見通しを、
返済額が安定することで立てやすいというのが長所です。

反対に変動金利とは、
金利が利息を支払う度に変化するものです。
金利は、日本での変動金利の計算基準によって決まり、
自由に銀行が数字にを決めているわけではありません。
変動金利を選択すると、
返済額は5年間一定ですが、
半年に一度見直されるようです。
一般的には変動金利型の住宅ローンの方が
低金利に設定されていますので、
市場の影響を受けやすい方法ですが人気です。
返済がそれほど長期にならない人や、
金利の動向にいつも注意を向けていられる人には
向いている住宅ローンだといえるでしょう。

| 住宅ローン |

マンション・戸建の住宅を求める前に新着記事

住宅ローンの返済プラン
住宅ローンの返済は、 普通は何十年も続く大事業です。 住宅とは恐らく、 一生の...

住宅ローンを借りる前にはシミュレーションを
"> シミュレーションを一通りしてから、 住宅ローンを利用しましょう。 シミュ...

住宅のローンの計算
住宅のローンの計算についてです。

住宅ローンの金利についての詳細
住宅ローンの金利についての詳細

住宅ローンの金利
住宅ローンを決める時は、
金利面についての検討が重要です。

どの金融機関から融資を受けるかで金利条件は異なっています。

固定金利制や変動金利制、長期や短期、
それらの組み合わせなど、様々な金利があります。

固定金利というのは、金利が固定されているものです。

支払い始めた当時の金利が返済終了まで続きます。

住宅ローンと団体信用生命保険
住宅ローンを組む際に付随して加入する保険があります。団体信用生命保険と言われるものです。住宅ローンの返済中に事故や重度障害によって返済が不能状態に陥った場合に適用されるという保険です。住宅ローンは生命保険によって支払われるため、債務が一切なくなるのです。団体信用生命保険は、銀行や民間のローン会社の場合は強制加入となっています。もし任意だとしても、なるべく入っておいた方が良いものです

住宅ローンについて
自分の家を所有したいと考えている方は多いですが、住宅を購入する時に避けては通れないローンの問題を考えると思うようにはいきません。動かすお金も返済プランの規模も、住宅ローンは車や教育のローンとは全く違いますから、一朝一夕で決められるものではありません。一生のうちに3度も4度も住宅ローン融資を受けるという人は少なく、1回か2回ではないかと思います。失敗しない住宅ローンを受けるには、あらかじめ確認しておきたいことが複数あるようです。

- RSSリーダー登録! -

My Yahoo!
マンション・戸建の住宅を求める前にをMy Yahoo!に登録

ライブドア
マンション・戸建の住宅を求める前にをライブドアRSSに登録

はてな
マンション・戸建の住宅を求める前にをはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

- 運営者情報 -
運営者のサクです。