住宅ローンを借りる前にはシミュレーションを

シミュレーションを一通りしてから、 住宅ローンを利用しましょう。

シミュレーションをあらかじめしておくことで、
1回か2回しか経験しないだろう
住宅ローンの返済がしやすくなります。

ライフプランにおいて「住宅資金」は、
「教育資金」「老後資金」と合わせて
「人生の3大資金」とも言われます。

家を買うことだけが
人生の大きな出費ではないということを
念頭に置いた上で、
どのような住宅ローンを選び、
返済をしていくかを考えていくことが大事です。

今後のことを具体的にイメージしながら
シミュレーションをすることが大事です。

住宅ローンのシミュレーションでは、
ライフステージとの兼ね合いも重要です。

住宅ローンの返済をこれから続けていく上では、
日頃の生活費の他にも教育費なども
考慮に入れなければなりません。

シミュレーションをする時は、
収入面とライフステージ毎の支出面と共に
ローン返済も考えましょう。

今後の収入を考える上でも大事な点があります。

昨今の経済情勢では先の見通しが立ちにくくなっているため、
ボーナスや昇給に依存しすぎないようにします。

夫婦共働きの方の場合、
子どもの誕生などに伴う離職
または休職による収入減も予め考えておく必要があります。

年間収入は、仕事の状況で変動します。

賃金の仕組みは大きく変わることもありえますので、
退職金などを想定しすぎるのも考えものです。

シミュレーションを行うことで、
住宅ローン返済とライフサイクルの変化、
収入を考慮することができます。

スポンサード リンク

| 住宅ローン |

マンション・戸建の住宅を求める前に新着記事

住宅のローンの計算
住宅のローンの計算についてです。

住宅ローンの金利についての詳細
住宅ローンの金利についての詳細

住宅ローンの金利
住宅ローンを決める時は、
金利面についての検討が重要です。

どの金融機関から融資を受けるかで金利条件は異なっています。

固定金利制や変動金利制、長期や短期、
それらの組み合わせなど、様々な金利があります。

固定金利というのは、金利が固定されているものです。

支払い始めた当時の金利が返済終了まで続きます。

住宅ローンと団体信用生命保険
住宅ローンを組む際に付随して加入する保険があります。団体信用生命保険と言われるものです。住宅ローンの返済中に事故や重度障害によって返済が不能状態に陥った場合に適用されるという保険です。住宅ローンは生命保険によって支払われるため、債務が一切なくなるのです。団体信用生命保険は、銀行や民間のローン会社の場合は強制加入となっています。もし任意だとしても、なるべく入っておいた方が良いものです

住宅ローンについて
自分の家を所有したいと考えている方は多いですが、住宅を購入する時に避けては通れないローンの問題を考えると思うようにはいきません。動かすお金も返済プランの規模も、住宅ローンは車や教育のローンとは全く違いますから、一朝一夕で決められるものではありません。一生のうちに3度も4度も住宅ローン融資を受けるという人は少なく、1回か2回ではないかと思います。失敗しない住宅ローンを受けるには、あらかじめ確認しておきたいことが複数あるようです。

一戸建てとマンションの損得
一戸建てとマンションは、住宅を購入する際の最大のポイントになります。一戸建てとマンションを購入・居住・売却などの点で比較すると次のようになります。購入;・一戸建ては、建物も資産としてみられるが土地も資産であるため高く売却できる場合が多いが、マンションはマンション自身が資産となるため比較的安い。

住宅購入 シミュレーション
現在ではいろいろなサイトで住宅購入シミュレーションを行うことができます。住宅購入は大きな買物ですので、住宅購入シミュレーションにより低金利でいて安心な住宅ローン探しを心がけましょう。この住宅購入シミュレーションを行う事で、自分が今どれだけの金額の住宅を購入できるのかがすぐにわかります。

- RSSリーダー登録! -

My Yahoo!
マンション・戸建の住宅を求める前にをMy Yahoo!に登録

ライブドア
マンション・戸建の住宅を求める前にをライブドアRSSに登録

はてな
マンション・戸建の住宅を求める前にをはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

- 運営者情報 -
運営者のサクです。