住宅ローンを組む時に選択しなければならないのは、
変動金利にするか固定金利にするかということです。

住宅ローンの金利のタイプは、
どちらが優れているかではなく、
一長一短がありますので、
長所や短所を把握した上で、
自分で選択することが重要です。

まず固定金利とは、
将来の金利を住宅ローンを借り入れた時点で
一定に決めてしまうというものです。
固定金利の方が得をするのは、
先の金利が上昇傾向にある場合でしょう。
最初のうちの短期間の固定金利である、
2年間の固定金利制などが今までは多かったようです。
35年間の固定金利など、
住宅ローンを長期間の固定金利で利用できる金融商品も、
最近では見られるようになりました。
返済するときの将来の見通しを、
返済額が安定することで立てやすいというのが長所です。

反対に変動金利とは、
金利が利息を支払う度に変化するものです。
金利は、日本での変動金利の計算基準によって決まり、
自由に銀行が数字にを決めているわけではありません。
変動金利を選択すると、
返済額は5年間一定ですが、
半年に一度見直されるようです。
一般的には変動金利型の住宅ローンの方が
低金利に設定されていますので、
市場の影響を受けやすい方法ですが人気です。
返済がそれほど長期にならない人や、
金利の動向にいつも注意を向けていられる人には
向いている住宅ローンだといえるでしょう。

| 住宅ローン |

マンション・戸建の住宅を求める前に - 新着記事

住宅ローンの変動金利と固定金利

住宅ローンの返済プラン

住宅ローンを借りる前にはシミュレーションを

住宅のローンの計算

住宅ローンの金利についての詳細

- RSSリーダー登録! -

My Yahoo!
マンション・戸建の住宅を求める前にをMy Yahoo!に登録

ライブドア
マンション・戸建の住宅を求める前にをライブドアRSSに登録

はてな
マンション・戸建の住宅を求める前にをはてなRSSに登録

他のRSSリーダーをお持ちの方
RSS2.0     ATOM

- 運営者情報 -
運営者のサクです。